大人の浴衣の着こなし > 長板中形(ながいたちゅうがた)
       
       

長板中形(ながいたちゅうがた)

長板本染中形の略称。江戸時代から始まり、明治時代に大変流行した江戸浴衣の主流です。

浴衣の模様染の技法で、地色を藍にして模様を白く染め抜いたものと、 白地に藍で模様を現したものとがあります。藍の一色染が特色です。

明治の末期に、手軽で能率のよい折付け中形(注染中形)が出現して、急速に普及したため、 新しい中形と本来の伝統ある中形を区別するために、長板本染中形と呼ぶようになりました。

長板とは、樅(もみ)材でつくられた、長さ約6メートル36センチ、幅43センチの捺染板のことで、 この板び両面に中形1反分の木綿生地を張り伸ばして、防染の型付けを行うためにこの名があります。

              

大人の浴衣の着こなし:浴衣の全記事ピックアップ

                 きもの丸やWebShop
[ ]
       

当サイトについてと免責事項

  • 大人の浴衣の着こなしは (有)丸屋呉服店が運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

浴衣の種類と選び方

浴衣の着付けと帯の結び方

男性と子供の浴衣

浴衣のマナーとお手入れ

浴衣でお出かけ

プロフィールとリンク
お問い合わせ
リンク
All copyright(c) 大人の浴衣の着こなし All Rights Reserved.