大人の浴衣の着こなし > 藍地の浴衣、白地の浴衣
       
       

藍地の浴衣、白地の浴衣

ここ数年、浴衣にも様々な色や柄が登場してきました。色の入った柄ものは、 どことなく可愛らしさを感じさせ、藍地や白地の浴衣は大人の雰囲気を感じさせてくれます。

江戸時代に盛んに着られるようになった浴衣、その時代は、 白地のゆかたは、主に日中に家で着、藍染は防虫効果があるため、江戸時代には虫が多く出る夕方以降に藍地のゆかたを着たと言われています。

近頃は、白地の浴衣だと透けてしまうからという理由で、その反対の説もあります。どちらが正しいかは、 着る方の好みによってが、今流のようです。

清涼感のある白地の浴衣、夏らしい藍地の浴衣、どちらが、着たとき、美しく映るか・・・ をお考えになって決めるのもよいかと思います。

 

              

大人の浴衣の着こなし:浴衣の全記事ピックアップ

                 きもの丸やWebShop
[ ]
       

当サイトについてと免責事項

  • 大人の浴衣の着こなしは (有)丸屋呉服店が運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

浴衣の種類と選び方

浴衣の着付けと帯の結び方

男性と子供の浴衣

浴衣のマナーとお手入れ

浴衣でお出かけ

プロフィールとリンク
お問い合わせ
リンク
All copyright(c) 大人の浴衣の着こなし All Rights Reserved.