大人の浴衣の着こなし > ゆかた帯の種類
       
       

ゆかた帯の種類

ゆかた帯の種類を変える事によって着て行く場所を選ぶことができます。ここでは、 最初に浴衣帯の種類をご紹介します。

●兵児帯(へこ帯)
  男性や子供が用いる扱帯(しごき帯)のことをいいます。薩摩(鹿児島県)の兵児(鹿児島地方の方言で、 15歳以上、25歳以下の若者のこと)が用いたことから、この名が付きました。

縮緬、メリンス、新モスなどの生地を使っています。ほとんどの兵児帯は、絞り染にしたものですが、 近年、ホポリエステル地でも作られています。

●半巾帯
  女帯のひとつです。並幅(8寸=約30センチ)の半分の幅の帯で、 14センチから15センチくらいのもののことをいいます。明治時代から使われており、最近では、絹・綿・ポリエステル素材のものがあります。

●八寸名古屋帯
  八寸名古屋帯とは、幅8寸(約30センチ)に製織し、 縫製しないで結びの部分のみを折り返してかがった厚地織のおのをいいます。浴衣に使う帯は、博多織の帯が多く用いられています。

              

大人の浴衣の着こなし:浴衣の全記事ピックアップ

                 きもの丸やWebShop
[ ]
       

当サイトについてと免責事項

  • 大人の浴衣の着こなしは (有)丸屋呉服店が運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

浴衣の種類と選び方

浴衣の着付けと帯の結び方

男性と子供の浴衣

浴衣のマナーとお手入れ

浴衣でお出かけ

プロフィールとリンク
お問い合わせ
リンク
All copyright(c) 大人の浴衣の着こなし All Rights Reserved.