大人の浴衣の着こなし > 浴衣の洗濯方法
       
       

浴衣の洗濯方法

浴衣は、シーズンの終わりに一度洗濯すれば大丈夫。

浴衣の風合いを損ないたくない場合は、専門店に「水洗い」してもらいましょう。

洗濯する前に、必ず、色落ちするかどうか、確認してから行いましょう。

自宅で洗濯する場合には、「洗濯機で洗う方法」と「手洗いの方法」があります。オススメは、「手洗い」 ですが、最近では、洗濯機でにも「手洗いモード」が付いていますので、時間をかけずにお手入れできて便利です。

洗剤は、中性洗剤を使用してください。

 

  • 洗濯機で洗う場合

    洗濯機で洗う場合の注意点は、型くずれをしないようにすることです。そのため、 襟がよれないように襟の部分に木綿糸で荒くしつけをかけておきます。(ここはとても重要なので怠らないでね!)

    浴衣を袖だたみして洗濯ネットに入れます。モードは「手洗い」。ない場合には、弱流で、水洗いしてください。 お湯などを使うと色落ちをすることがありますので、注意してくださいね。

    軽めに「のりづけ」をします。「のりづけ」は液体のものがオススメ。簡単にできます。脱水時間も1分程度と短めに。

    たたいてシワをのばし、陰干しします。干す場合には、裏返しにして着物用のハンガーを使って干しますが、ない場合には、裏返しのまま、 物干し竿に袖を通して干します。(陰干しは、浴衣の色あせ防止です。ちょっとした心遣いが浴衣には大切。)

    浴衣は生乾きの状態で、襟のしつけを取り、裏から当て布をしてアイロンをかけます。


  • 手洗いする場合

    浴衣を手洗いする場合には、シワができないように注意しましょう。

    浴衣を袖だたみして大きめのバケツ(たらい)に入れて手で優しく押し洗いします。大きめのバケツがない場合には、 浴槽を使うと良いでしょう。そして、必ず水洗いしてください。お湯などを使うと色落ちをすることがありますので、注意してくださいね。

    畳んだまま、洗剤液を捨て、数回水ですすぎ洗いします。

    その後、軽めに「のりづけ」をします。(「のりづけ」は液体のものがオススメ。簡単にできます。)脱水のかわりに手で絞りますが、 この時、ねじらずにバズタオルなどの間に挟んで軽く押し、水分を吸い込ませるようにします。大変な時には、 洗濯機を使って脱水しましょう。洗濯ネットに入れて、1分程度と短めに脱水をかけます。

    たたいてシワをのばし、陰干しします。干す場合には、裏返しにして着物用のハンガーを使って干しますが、ない場合には、裏返しのまま、 物干し竿に袖を通して干します。(陰干しは、浴衣の色あせ防止です。ちょっとした心遣いが浴衣には大切。)

    浴衣は生乾きの状態で、裏から当て布をしてアイロンをかけます。


  • 注意事項

    浴衣は、長時間水につけておくと色落ちの原因になります。みずには長時間つけないようにしましょう。

    浴衣のお手入れについては、購入時に必ず確認し、洗濯する前に、再度取り扱い表示や注意表示を確認しましょう。


              

大人の浴衣の着こなし:浴衣の全記事ピックアップ

                 きもの丸やWebShop
[ ]
       

当サイトについてと免責事項

  • 大人の浴衣の着こなしは (有)丸屋呉服店が運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

浴衣の種類と選び方

浴衣の着付けと帯の結び方

男性と子供の浴衣

浴衣のマナーとお手入れ

浴衣でお出かけ

プロフィールとリンク
お問い合わせ
リンク
All copyright(c) 大人の浴衣の着こなし All Rights Reserved.