大人の浴衣の着こなし > 男の帯結び:神田結び
       
       

男の帯結び:神田結び

神田結びは、職人結びとも呼ばれ、どのように動いても長時間締めていて解けないといわれています。 お祭りなど激しい動きの場合にはオススメです。

  • 右手で角帯の端を持ち、 外表にして輪が下になるように帯の端から20センチくらいのところまで2つ折りにします。このとき、右手でにっているのがテ先、 残りの部分が垂れと垂れ先になります。
  • テの先を前中央にあてて、その先を自然に広げ、 体い沿わせて一巻きし、軽く締めます。そのとき、 テは上に出しておき、合計3回巻きます。
  • 垂れとテとを揃えて持ち、テ先までと同じ長さを測ります。  

  • 脇幅から余った垂れ先を胴回りの内側へ入れ込みます。そのとき、 外にはみ出さないようにしっかりと重ね、押さえながら垂れを前に戻します。
  • 二重になっている垂れ先から右脇に向けて斜めに折りたたみます。
  • 前正面で斜めに折って厚みのある胴帯に、テを上にして重ねます。
  • テ先の帯が上になって、強くひと結びします。
  • 下部の厚みのある垂れの帯を、くの字に折り上げ、 丈夫にあるテ先の帯を上から包むようにして結びます。
  • 結び方は、荷造りや風呂敷などと同じ要領です。 ここでしっかり結び締めます。
  • 形を整え、右手で上から結び目を、左手で帯の左下を持ち、 おなかを引っ込めて右方向へ回します。 結び目は真後ろよりも少し左に寄せるとステキです。
              

大人の浴衣の着こなし:浴衣の全記事ピックアップ

                 きもの丸やWebShop
[ ]
       

当サイトについてと免責事項

  • 大人の浴衣の着こなしは (有)丸屋呉服店が運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

浴衣の種類と選び方

浴衣の着付けと帯の結び方

男性と子供の浴衣

浴衣のマナーとお手入れ

浴衣でお出かけ

プロフィールとリンク
お問い合わせ
リンク
All copyright(c) 大人の浴衣の着こなし All Rights Reserved.