大人の浴衣の着こなし > 浴衣の座り方、立ち方(座布団の場合)
       
       

浴衣の座り方、立ち方(座布団の場合)

慣れない浴衣を着ると、その所作に不安を覚えてしまうものです。ここではその所作を確認してください。

  • 浴衣での座り方

    座布団の中央あたりに膝をつき、両手を脇につきます。このとき、 膝の間をこぶし一つ分空けておくことがポイント。(膝を付けて座るときつくてすぐに辛くなってしまうので。)手で支えて体を前にずらし、 中央に座ります。

    座ったら、膝を軽く浮かせて、右手でおくみをそっと整えます。足は、つま先を少し重ねて、しびれそうなときには少し動かすようにします。

  • 浴衣での立ち方

    腰を浮かせてかかとを立て、体重を後ろに移動させます。しびれた場合には少し足の裏をもんでから立つようにしましょう。

    片方の膝を少し上げ、そのまま体たがります。前かがみになりすぎないように注意してくださいね。
              

大人の浴衣の着こなし:浴衣の全記事ピックアップ

                 きもの丸やWebShop
[ ]
       

当サイトについてと免責事項

  • 大人の浴衣の着こなしは (有)丸屋呉服店が運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

浴衣の種類と選び方

浴衣の着付けと帯の結び方

男性と子供の浴衣

浴衣のマナーとお手入れ

浴衣でお出かけ

プロフィールとリンク
お問い合わせ
リンク
All copyright(c) 大人の浴衣の着こなし All Rights Reserved.